P-chanのもうひとつのブログ
「My英語帳」も更新中ひらめき
yondene icon.gif

2007年05月30日

『ビクトリア旅行 第2日目 (2)』

ビクトリアといえばエンプレスホテルひらめき

エンプレスホテル

中に入って、ウインドウショッピング。


また、レストランでは、有名なハイティ喫茶店を楽しむ人々が!

(しかもけっこう込んでたexclamation×2


それを見てたMartinが、何を思ったか、

突然ブリティッシュイングリッシュで話し始めたexclamation


うひゃひゃひゃひゃ!わーい(嬉しい顔)


それがとっても上手なんだけど、
Martinに全然似合ってないの!

それにしゃっべてる時のあの顔!

「はぁい てぃいぃ」とか、気取って言ってんの!


うひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!


エンプレスホテルの中でP-chanは大笑いわーい(嬉しい顔)

(はっきりいって、通りすがりの人に変な人を見る眼で見られたよ・・・ふらふら


「もうやめてよーーー。」

と涙を流しながらエンプレスホテルを後にしました。


その後は、きのむくままダウンタウンをぶらぶら。

州議事堂

ハーバー


そして、夕方5:30には、私達の大好きな『バーンタイ』でタイ料理を堪能してました。

(だって、ここってとっても込むから、6時前に行かなきゃね)


お腹いっぱいになったら、二人で仲良く黒ハート手をつないで
B&Bに帰りました。

40分くらい歩いてね。

たまに「はぁい てぃいぃ」とかいいながらね。

だって、そのたびにP-chanが笑うわーい(嬉しい顔)からね。


★3日目へつづく★
posted by P-chan at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビクトリア旅行 ―2007―

2007年05月28日

『ビクトリア旅行 第2日目 (1)』

ぐっすり眠って絶好調手(チョキ)のP-chan。


(なんたって、前日は9時に寝たもんね。)


時差ぼけも全くない!!!


この日も快晴晴れ

だけど、風が吹いてる台風からさぶっ。ぶるっふらふら
(ほんと、セーターは必需品です)


さて今日の昼ごはんは、ダウンタウンの『Swans』で決定!


ここはねぇぇ、『Cajan halibut burger』がめちゃうまい黒ハート

(『halibut』とは日本でいう『おひょう』で、
カレイ科の、白身のお魚。こちらではポピュラーです。)

あのソースがねぇぇぇ。絶品です。
(やばい・・・。よだれたらーっ(汗)が・・・。)


ハンバーガーにサラダかヤムフライ
(ポテトとちがって、さつまいもみたいに甘みがあるの)
がついて、13カナダドル。

Martinと二人で仲良くシェア。
(だって一人で食べるにはちょっと多いんです。)


「相変わらず美味しいねぇぇぇ揺れるハート

とP-chan。

「Soudesuneeeee」

とMartin。

(この人はこの日本語のフレーズが気に入っているらしく
どんな場面でも使いまくっております・・・。)


お昼にも関わらず、
MartinはビールビールP-chanはカクテルバーなんて飲んじゃって、
ほろ酔い加減で、きもっちいいいい。

(なんか、バカンスって感じでしょ?)


その勢いで、久しぶりのダウンタウンを散策開始!


★つづく★
posted by P-chan at 12:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | ビクトリア旅行 ―2007―

2007年05月26日

『ビクトリア旅行 第1日目 (3)』

ついにB&Bに到着!


それはRockland avenue沿いの
(ダウンタウンからは歩いて40分くらいですかね)
閑静な住宅街にあります。

しかもアパートとかはなく、それぞれ個性のある
一軒家が並んでいて、「とってもビクトリアらしい」風景。
(ってP-chanは思いました)


私たちの車がつくと、扉があいて
女主人のAさんがでてきました。

笑顔がとっても素敵なおばあさまで、

「Hajimemasite!」

って言ったの!!!


なんか、あったかい晴れ気持ちになりました。

(外国の方が日本語を一生懸命しゃべってくれるのって
ほんと、すてきです。)


彼女は日本に興味があって、
日本語を勉強してるんだって。


中に入ると、家庭的な雰囲気が漂っていて
ほっわーい(嬉しい顔)とさせてくれて、くつろげる空間ハートたち(複数ハート)が広がってました。


カナダ人の生活を垣間見れるし、
オーナーや他のお客さんとも
(というより、同じ屋根の下に住む同居人って感じです)
気軽におしゃべりできるので、
P-chan的にはホテルよりおすすめですね。


そしてP-chanとMartinが10日間過ごす部屋に入ると・・・


かっわいいいいーーーーーー揺れるハート


それがP-chanの最初の印象。


太陽晴れが上(ホントに、屋根の一部に窓があったのるんるん)からも
横からもさんさんぴかぴか(新しい)と入ってきて、明るい!

スペースもたっぷりあって、

テレビ、テーブル、ソファー、洗面所、

そして真ん中には大きなベッド。

それもシーツとか枕がレースつきなの!
ベッドカバーもお花模様だし。

もう、『cozy(居心地がよい)』って言葉がぴったり!


「うわーー、いい部屋だねええ揺れるハート

というと、

「こっち見てみて!」

と言うので、テーブルへ近づいてみると・・・・


P-chanの大大大大大好きなポテトチップスが!!!

大好きなポテトチップス(ちなみに真ん中にあるのはP-chanがあげた焼酎です♪)

(これ、ほんとおいしいのよねーーー。
お酒ともよく合うし、二人でトランプハートしてるときには必需品です。)


「P-chanに喜んでもらおうと思ってね!」


「うにゃあああああ。

(あんたは猫猫か?)

ありがとううううううううう揺れるハート


その日の夕方、二人で仲良く揺れるハートソファーに座ってテレビTVをみながら、さっそくそのポテトチップスを平らげたP-chanとMartinでした。


★2日目につづく★
posted by P-chan at 14:50 | Comment(6) | TrackBack(0) | ビクトリア旅行 ―2007―

2007年05月24日

『ビクトリア旅行 第1日目 (2)』

感動の再会黒ハートを果たしたP-chanとMartin。


「お腹すいたよぉぉぉ。ふらふら」―P-chan

「なんか食べる?」―Martin

「うん!タイフードが食べたい!!!」―P-chan
(参照:『タイ料理』


という事で、空港から、
Cock street villegeにある『KING THAI』へ直行!!!


快晴晴れの空のなか、
(しかし、日本よりかなり涼しい・・・ふらふらしかも風がつよい・・・台風
Martinとドライブ。

通り過ぎる景色が、
「くーーー、なつかしいいいいいぜぃ揺れるハート


その間中、ぺちゃぺちゃぺちゃぺちゃ
とにかくしゃべりとおす爆弾P-chan。

(だって、飢えてんだもーーーん。おしゃべりに。)


約40分後、Cock street近くにある
『KING THAI』へ到着。

(ここは、レストランというより、
フードコートみたいなところで、
タイ料理のほかにも、おすしとか、
コーヒー屋さんとかがあります。)

そこで、『パッタイ』と『グリーンカレー』を注文。
(両方とも10カナダドルぐらい)


くううううう。

ひさびさのタイ料理はうまああああい。揺れるハート


お腹一杯になったら、眠気がおそってきたP-chan。


しかし!

ここで絶対に寝てはいけません!!!

時差ぼけ(Jet lag)を克服するP-chan的方法は、
夜(それができなければ夕方)までは
無理やり起きている目ことなんです。


そこで、近くのスターバックスでコーヒーを飲むことに。


「ところでさーー、私たちが泊まるB&Bって、
どんな感じなのぉぉぉ?」

とP-chan。


そうなんです!

Martinは二人のために、
B&B(Bed&Breakfast)を予約していました。


彼は今、ルームシェアをしてますが、

『More privacy and more romantic』

楽しくムードすごそうねるんるん

ということで、10日間部屋を取ってくれてたのです。

(ほんとに、ありがとうね。Martinわーい(嬉しい顔)


「You will see.」
(見たらわかるよ)

ということでB&BへGO!


★つづく★
posted by P-chan at 11:46 | Comment(7) | TrackBack(0) | ビクトリア旅行 ―2007―

2007年05月23日

『ビクトリア旅行 第1日目 (1)』

夕方、成田空港を飛び立った飛行機P-chan。


「しっかし、ゴールデンウィークでもないのに、
満席なんて、ほんと、どうなっちゃってんの?」

と驚きつつ、
なんとかリラックスしようと、努力するP-chan。


しかし、

第一に飛行機がだいっきらい失恋な上に、
食欲もでないもうやだ〜(悲しい顔)

その上、隣にすわった小さな男の子が、
しょっちゅうP-chanの足を蹴ってくる爆弾

(その子は寝てて、
無意識に足がびよーーーんと
伸びてくるの・・・)

という状況では、まったく眠れない・・・。もうやだ〜(悲しい顔)


やっとこさバンクーバー空港についたP-chan。


40分も待たされ、入国審査を通って、
国内線の乗り継ぎゲートへと向かう途中、

出迎えに来た人と、再会を喜ぶ人々の姿が!!!


みんな、幸せそう黒ハートで、楽しそう晴れで、

なんか、一瞬疲れがぴゅーーんと吹き飛びましたわーい(嬉しい顔)


こんどは国内線に乗って、

いよいよ目的地のビクトリア空港へ。


30分弱のフライト飛行機(正確には23分)の間中、

「もうすぐ会えるるんるんもうすぐ会えるるんるん

尋常じゃない心拍数爆弾のP-chan。


そして、ついに!

ビクトリア空港に到着!!!


飛行機を降りて、外をてくてく歩いて
空港内に入るのですが、
その間中、目を凝らして、Martinの姿を探すものの、
見つからない・・・。

(しかし実はMartinには、P-chanの姿が見えてて、
一生懸命、手を振って手(パー)たんだって。
でもP-chanはぜんぜん違うとこをみてたらしい・・・。)


そんでそんで、

出迎えエリアへとつながるドアを開けると・・・


Martinがそこにいたぁぁぁexclamation×2


「うわーーーーんもうやだ〜(悲しい顔)

P-chanはMartinに飛びつきました!


「さみしかったよーーーー揺れるハート

「あいたかったよーーーーハートたち(複数ハート)


笑いたいハートたち(複数ハート)けど、泣きたい!!!たらーっ(汗)


とにかく二人ともしばらく、

ハグハグハグハグ・・・・・・ハートたち(複数ハート)


★つづく★
posted by P-chan at 11:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | ビクトリア旅行 ―2007―

2007年05月22日

『帰ってきちゃった・・・』

P-chanはついに帰国しました・・・。

(あーーー、そのままMartinと
一緒にいたかったよ・・・もうやだ〜(悲しい顔)


もう、二人とも号泣・・・。雨


10泊12日じゃ、とてもじゃないけど、たりん!

短すぎる!!!


でも、ちょっとでも一緒にいれたことに
感謝しなきゃねるんるん

だって、ほんと、楽しかったもんね揺れるハート


というわけで、

近々、『ビクトリア旅行記』をお届けしまーーす。

お楽しみにわーい(嬉しい顔)
タグ:ビクトリア
posted by P-chan at 12:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | ビクトリア旅行 ―2007―

2007年05月20日

『こんなとこが好き』

ダウンタウンをMartinと一緒に

てくてく歩いていたときの事。


信号を渡っていたら、

「ぶっぶーーー演劇

と一台のバスが、
私達に向かって鳴らしてきました!


おっとおおおふらふら

と急ぎ足で信号を渡り終えた。。。。


が、しかし!!
ひらめき

よーっく見てみてば、

P-chanとMartinの信号は『青』!!!

バスが警報を鳴らすべき状況じゃない!!!!


ちょっとおおお、おかしんでない?爆弾

とMartinと二人で憤慨して話してると、


通りがかった女性二人が、

「あなたたちは、全く悪くないわよ!むかっ(怒り)

まったく、なんなのよ、あのバスの運転手は!パンチ

自分がバスに乗ってるから、えらいとか思ってるのかしら?

まったく!!! そんなこと、関係ないわよ!!!」


と一緒になって言ってくれたの!!!


しばらく四人で、

「そうよねえ。歩行者優先よ!」

とおしゃべりしました。


P-chanはカナダのこんな所がすきです黒ハート

(一言でいっちまえば、『フレンドリーで親しみやすい』とこわーい(嬉しい顔))


タグ:ビクトリア
posted by P-chan at 04:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | ビクトリア旅行 ―2007―

2007年05月18日

『IMAXシアター』

P-chanとMartinは、『BCロイヤル博物館』に行きました。


(本当は行く予定はなかったけど、
母の日プレゼントに、Martinのママに電話電話したら、

「とってもいいから行ってきなさい!
私が払ってあげるから!」

と言われたので、やってきました。)


そこで、IMAXシアターに行きましたが、
その日は遠足の日だったのか、

子どもがわんさかいる!!!がく〜(落胆した顔)


長い列をつくって、やっとこさ中にはいったのですが、
案の定、ほぼ満席状態。


席をなんとか見つけて座ると、

なんと、前の席が5席ぐらい空いてる!!!


(ほら、みんな、なんとなく知らない人の
すぐ隣りにすわるのって、抵抗があって、
映画館で、よく、席をひとつあけて、
隣りに座ったりするでしょ?
あれの、5席あけたバージョンです。)


そしたら、P-chanの隣りにすわってた若い男の人が、

「ねえ君達。(10歳くらいの男の子達だった。)
今日は混んでるから、詰めたらどうだい?
そしたら、もっと、他の人がすわれるだろ?」

って言ったの。


そしたら、

その子達は素直に、

「OK!」

って言ってつめようとしたんだけど、

また、1席だけ空けて座ろうとしたの。


そしたら、

「だめだめ、ちゃんと詰めて!

She wouldnt bite you!」

(隣りに座ってる女の子は、君をかみゃあしないよ!)


ぶははははは!

P-chanは面白くて大笑い!わーい(嬉しい顔)


無事に一席も残すことなく座ったのを
見届けた、その面白い彼は、

「All right! We call it teamwork!」

(よし! 我々はこれを、チームワークと呼ぶ!)

だって!


ぶははははははははははは!

P-chanもMartinも、
その世話好きで仕切りやさんの
彼が面白くて面白くて揺れるハート

げらげらわらっちゃいましたよ!
タグ:ビクトリア
posted by P-chan at 05:20 | Comment(2) | TrackBack(1) | ビクトリア旅行 ―2007―

2007年05月16日

『ライブラリーカード』

P-chanはビクトリアにパソコンを持ってきてません。


なので、

パソコンを使うために、図書館本に行きます。


(ちなみに、パソコンを使うためには、
ライブラリーカードとパスワードが必要です。

でも、ビクトリアの住人でなくても、
名前の入ったカード類をみせれば発行してもらえます。)


さてさて、

家からてくてく歩いて、
ダウンタウンの図書館にやってきたP-chanとMartin。


仲良く揺れるハート隣合わせの席に座って、


さあさあ、ネットをはじめましょーーー

としたら、

隣りにすわったMartinの動きがへんexclamation×2


そわそわそわそわ爆弾してるんですexclamation×2


「いったいどうしたの?」

と聞くと、

「ライブラリーカードがない!」がく〜(落胆した顔)


えええーーーーーーー!



「財布のここの部分にいれてたのに、

カード類だけごっそりなくなってるんだよ!」

とパニックがく〜(落胆した顔)のMartin。


えええええーーーー!


家にもどって見て来るよ!

と急いで出ていったMartin。


が、

5分後、あっさり戻って来た!


そして、

「ポケットの中にあったよ。えへっ。わーい(嬉しい顔)


おいおいおいおい。


しかし、あのパニクリっぷり。


皆さんにお見せしたかった!!!


ぷぷぷ。


頭をなでなでわーい(嬉しい顔)しときましたよるんるん

タグ:ビクトリア
posted by P-chan at 05:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | ビクトリア旅行 ―2007―

2007年05月13日

『花』

ビクトリアといえば、『花』の街。

色んな花を公園でも、街中でも、
楽しむわーい(嬉しい顔)ことができます。


昨日、Martinと一緒に散歩してたら、

綺麗な花を、ある家の庭で見つけたP-chan。


「あの花はなんて言う名前なの?」

と聞くと、

Martinはしばし考えた後、

「Flower......」

(それは花だよ。。。)


そんなことわかってるわ!ちっ(怒った顔)


なるほど、このひと、わからんのね。


ということで、諦めてふらふら再び歩き始めると、

今度は、違う種類の花を発見。


また、

「ねえーー。あの花はなんていうの?」

って聞いたら、

「......flower.....」



この人にけして花の名前を聞いてはいけない失恋

とP-chanが学んだ瞬間でしたもうやだ〜(悲しい顔)


タグ:
posted by P-chan at 05:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | ビクトリア旅行 ―2007―

2007年05月12日

『ついに!』

ついにexclamation

P-chanはMartinと一緒にいますexclamation×2


そうです!

今はカナダのビクトリアにいるんです!!!


だいっきらいな飛行機の旅を続け、

ビクトリア空港に着いたP-chan。


出迎えていたMartinをみて、

思わず泣きそうもうやだ〜(悲しい顔)になりました。

(だって、ずっと会えなかったもんね)



そんで、

二人とも、なが-----------いハグ!!!


ほんと、ちょっと感動もん揺れるハートでした。


「Are you tired?」

と言うMartinに、

「疲れたし、お腹すいたし、ねむいの!!!」

って言ったら、

げらげら笑ってわーい(嬉しい顔)ました。

(それでこそ、P-chanだってさ。)


もう、大好きなタイfoods黒ハートも食べたし、
滞在してる部屋もすてきだし、
もう、時差ボケもないし、


とにかく、

P-chanは楽しく、そしてHAPPYに

ビクトリアで過ごしてますよるんるん
タグ:ビクトリア
posted by P-chan at 09:02 | Comment(6) | TrackBack(0) | ビクトリア旅行 ―2007―

2007年05月09日

『暗黙のルール』

遠距離恋愛のP-chanとMartin。


そんな私たちには暗黙のルールがあります。


その一つが・・・

『自分の国に来てくれたら、甘やかす』

というもの。


だって、わざわざ海を越えて、
はるばる来て飛行機くれるわけですもんね。

こりゃあもう、感謝感激もうやだ〜(悲しい顔)ですよ。


つうことは・・・

P-chanがカナダに行ったら、
もれなく『甘やかされる黒ハートって事なんですよ!!!

(やったぜ手(チョキ)


P-chanが行きたいってとこは
100%(いや、95%かな)行けるし、

P-chanがこれ食べたいファーストフードって言えば、
それを食べるんです!!!


「あ、P-chan、お茶喫茶店飲みたいな。」

って言ったら、

Martinはそのお茶を作らねばなりません。


はぁぁぁ。

なんて楽しみなんでしょ。

女王さま気分になれるわーーー。


でも、これが不思議と、

Martinになんかやってもらうと

P-chanもMartinのために何かしたいなプレゼント

って気持ちになるんですよね。これまた。


なかなかいいルールかもしれんね。うん。


それじゃ、P-chanは、

Martinに『ごろにゃん揺れるハート』と

甘えてきますよ。
タグ:ルール
posted by P-chan at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月06日

『準備開始!』

ゴールデン・ウィークも今日で終わり!


ということは・・・

『P-chanがカナダに行く日が近い!』

ってことなんですよ!!!


ひゃっほおぉぉぉぉexclamation×2


早速、準備開始!


「It is cool here...(こっちはちょっと寒いよ・・・)」

って言ってたから、

セーターも荷物に入れとかないとね。


「あ、そうだ、何食べたい?」

(MartinはP-chanの手料理が好き揺れるハート全部じゃないけどさ。)

「うーーんとね・・・。
お好み焼きと、ポテトサラダと、豚肉のしょうが焼きと、
あ、あとは、オレンジムース。」


ふーーーむ。

向こうで日本の食材を買うのは高いからなぁぁ・・・。


それじゃ、
お好み焼き粉とオタフクソースとかつおぶし・・・・
あ、マヨネーズも持ってかなきゃねひらめき

(はっきりいって、日本のマヨネーズは世界一うまい揺れるハート
オーストラリア人の友達もノルウェイ人の友達もそう言ってたよんわーい(嬉しい顔)


「他には、何がほしい?」― P-chan

「芋焼酎買ってきて!」― Martin

(あんたはほんとにカナダ人か?)


「あとはね・・・

T-shirt買ってきて!『東京』って書かれたやつ。」


はっっ?! 何じゃそりゃ?!


「やだーーー、Martinってば。
そんなの、P-chanがT-shirtに『東京』って書いてあげるよんわーい(嬉しい顔)

って言ったら、

「真面目に欲しいんだけど・・・。」


そういえば、
この人はベトナムに行った時も、タイに行った時も、
国名(ベトナムのなんか、地図入り)がプリントされた
T-shirtを買ってきてたなぁぁ・・・。


あ、この間、「UAEでP-chanの為にT-shirt買ってきたよプレゼント
って言ってたけど、もしやこの手のやつじゃ・・・。

うーーーーむ。


しっかし、『東京』って書かれたT-shirtなんて
どこで売ってるのかなぁぁぁ・・。

うーーーーむ。

2007年05月04日

『この映画って・・・』

P-chanは映画を観ました。

(DVDで。)


題名は、

「終わりで始まりの4日間」― 邦題

「GARDEN STATE」― 英題





(しっかし、なーーんでこんなにも違う題名がつくのかしらね・・・ふらふら
だって、Martinと話すときに困るのよもうやだ〜(悲しい顔)
邦題じゃ、話ができないのよ失恋
だから、映画を観るたび、英題をチェックしなきゃならないのよちっ(怒った顔)


見終わった後、なーーんかほっとするっていうか、
幸せな気持ち揺れるハートになって、

「あーーー、Martinに会いたいなぁぁ・・・。」

みたいな気持ちになりました。

(音楽もGOOD!!!)


あんまり気に入ったので、また観ていると、

「この主演の人、なーーんか、誰かに似てるなぁぁぁ・・・」

と漠然と思っていたら・・・


「あ、そうだ!

Martinに似てるよ!!!」


そうなんですよ!

彼の顔や、表情、眼(Martinはもっと垂れ眼だけど)
それからそれから、彼のあのゆっくりとした話し方!

似てる!!!

全体的な雰囲気もとってもよく似てるんですよ!!!


P-chanはもう、一人ではしゃいで、
「きゃーーハートたち(複数ハート)」とか言っちゃって、

この主演の人は一体誰よ!

と名前を探すと・・・

『Zach Braff』という人でした!


しかもよーーく調べてみると、

このお人はこの映画の脚本と監督もしていたひらめき


「きゃーー、彼ってば天才!すばらすぃぃ!揺れるハート

さらに興奮するP-chan。

すっかり彼の虜になった黒ハートP-chanでした。


(ちなみに相手役はナタリー・ポートマン。
彼女もとってもキュートでGOODでしたよ!)
タグ:映画
posted by P-chan at 12:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | Martinってこんな人♪

2007年05月02日

『出会い(5)』

きっかり一週間後に、二回目のデート黒ハート


この日も一緒にディナー&飲みビールに行くことに。


会話も弾んで、

「肩凝って、痛いのふらふら

というMartinに、肩もみしてあげたり・・・。

(飲み屋で一体なにやってんだか・・・)


その日も、

「いいよ。僕が払うよ。」

と男らしいMartin。


「あら、そんな毎回悪いわ。」

一応謙虚なP-chan。


「それじゃ、コンビニでアイスクリーム買ってくれる?
そんで、一緒に外で食べようよ!」

ということで、二人で外にでると、


Martinが『じーーーーーーっ目と、

なんとも言えないあの表情で
P-chanを見てたかと思ったら・・・

(どきどきどきどき爆弾


手をつないできた!!!!!


そんで、

「僕はP-chanが好き揺れるハートだよ。

P-chanも僕を好きでいてくれると嬉しいんだけどな・・・。」

と言ってきた!!!!!!!!!!


P-chanはしばし自分の気持ちを心の中で考え、
(これ大事)

「うん!

P-chanもMartinの事、好きだよ!わーい(嬉しい顔)



それで今のP-chanとMartinがあるんですよるんるん


★この記事が気に入ったらにほんブログ村 恋愛ブログへクリックしてね★
タグ:出会い
posted by P-chan at 11:34 | Comment(6) | TrackBack(0) | 二人の出会い♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。