P-chanのもうひとつのブログ
「My英語帳」も更新中ひらめき
yondene icon.gif

2007年12月31日

『クリスマスプレゼント』

「ねえねえねえ・・・」

とMartin。



「P-chanはさーー、クリスマスプレゼントプレゼントってどうやってもらったの?」

と聞いてきました。


「そうねえ。もう大人になってからはもらってないけど、

子供のころは、クリスマスの朝に、

枕元にプレゼントが置いてあったんだよ。」

とP-chan。


靴下の中に入ってるの?」−Martin


「ううん。プレゼントだけ。」−P-chan


「ええええええええがく〜(落胆した顔)!靴下はないの????」

とびっくりするMartin。

(そんなに驚くことなのかしら・・・。)



「じゃあさーー、Martinはどうやってクリスマスプレゼントをもらったの?」

とP-chan。



「今年はお姉ちゃんの家に家族みんなで集まったでしょ?

(ちなみにお姉さん夫婦には、3人exclamationの坊やがいます。すごくかわいいの揺れるハート。)

暖炉の近くに、靴下をかけて、そこにプレゼントを入れるんだよ。」


「それでね・・・。今年のクリスマスの朝は、

きっかり8時(exactly 8 oclockって言ってた)に、

甥っ子ちゃんが僕を起こしにきたんだよ。

なぜって、皆がそろってからプレゼントプレゼントを開けることになってて、

お父さんに、『8時までは、絶対に皆をおこしちゃいけません!』

っていわれてたからね。」



かわいい甥っ子ちゃんだわ。



「それで、何をもらったの?」

と聞いたら、



「それが不思議なんだけど、

お父さんに『数読』をあげたでしょ?

そしたらお母さんから、僕が『数読』をもらったんだよ。


そんで、P-chanに『図書カード』をあげたでしょ。

(ほかにも、これで僕に電話してね!と国際電話のコーリングカードをくれました。)

そしたら、お姉ちゃんとお兄ちゃんから、

これまた『図書カード』をもらったんだよ!」



あららわーい(嬉しい顔)。不思議だわねええ。



でもなによりもP-chanの心が暖かくなった晴れのはこのお話。


それはね・・・


小さい甥っ子ちゃんたちは、

もちろんサンタクロースの存在を信じていてるんだけど、

自分の靴下に、

サンタさんの為に、とクッキーを入れておいたんだって!



クリスマスの日、そのクッキーはなくなっていて、

その代わりに、「ありがとう!」と書かれたメモが残ってて、

その子はとっても喜んだんだって!



やさしくてとってもいい子ですね。

ね?

なんか、あったかくなるでしょ?
posted by P-chan at 15:01 | Comment(6) | TrackBack(0) | 文化の違い♪

2007年12月29日

『クリスマス』

Martinに、どんなクリスマスだったの?

と聞いてみたP-chan。



そしたら、

「家族みんなでオーガニックの七面鳥、

(これが非常に重要なひらめき情報らしく、

『オーガニック』のところが強調されていた・・・。)


マッシュポテト、人参、カリフラワー、クランベリーソース、

グレービーソース、等など、

ご馳走を食べた」んだって。




「でもね・・・」

とMartin。



「デザートにパンプキンパイを食べたの。

二つあったんだけど、お姉ちゃんが、一個、まるまる、

落としちゃったんだよがく〜(落胆した顔)




ありゃりゃりゃ・・・もうやだ〜(悲しい顔)

それは事件だね・・・。




ところで、クリスマスの七面鳥ディナーをみたことがないP-chan。



Martinが『stuffing(詰め物)』という言葉を使ったので、

「なにを七面鳥にいれるの?」

と聞いたら、



「野菜とかいろいろ・・・」

というあいまいなお答え。



「じゃーさーー、中になんか詰めるってことは、

中の臓器とかは全部とるってこと?」

と聞いたら、



「知らん・・・ふらふら。」

だって。



こらこらこら・・・ちっ(怒った顔)



「でもとにかく、美味しいんだよ揺れるハート!」

とMartin。




『どんな風に美味しいのか』を知りたいP-chanでした。

(ほらーー、たとえば、味付けとか、フライドチキンみたいな味とか、ジューシーとか、色々あるじゃないのよーーちっ(怒った顔)。もう!)



【格安航空券】最短で出発前日14時まで直前予約OK!海外旅行はスカイゲート
タグ:クリスマス
posted by P-chan at 15:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | こんなことありました♪

2007年12月25日

『Martinのカンボジア旅行 −Part4−』

最終日は『アンコールトム』へ。


これは、12世紀に建てられた城壁都市。


(なるほど・・・。

『アンコールワット』みたいに「寺院」ではなく、「都市」なのねひらめき


入り口には、たくさんの像が並んでいます。

アンコールトムの入り口

(でもよーーく見ると、破壊された像がいくつか見えます・・・ふらふら

「お金のために顔の部分だけ盗んじゃった人がいたみたいだよ。」

とMartinは言ってました。)


アンコールトム

アンコールトム


大きな菩薩様の顔が彫られてます。

アンコールトムの仏像

アンコールトムの仏像の横顔

(この菩薩さまは、この時代を統治した王様の顔にもよく似ているらしい。)


アンコールトム(手前の銅像も顔がなくなっちゃってますね・・・)

アンコールトム



これを見てたら、カンボジアに旅行したくなりますねるんるん


Martinは、「とっても良かったよ!しかも安いし!」

と言ってましたよぉわーい(嬉しい顔)



☆終わり☆
posted by P-chan at 14:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | カンボジア旅行 by Martin

2007年12月20日

『Martinのカンボジア旅行 −Part3−』

この日は、

『TaProhm(タ・プローム)』へ!


カンボジアのタ・プローム

「この景色、どっかでみたことあるなあぁぁ・・・。」

とP-chanがいうと、



「あ、この寺院はねえ、

『トゥームレーダー』っていう映画の中にでてくるんだよ。」



ひらめきそうだよexclamation×2


カンボジアのタ・プローム

カンボジアのタ・プローム


でも、この樹木って、

自然って、

すごいなぁぁ。



☆つづく☆
posted by P-chan at 13:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | カンボジア旅行 by Martin

2007年12月18日

『Martinのカンボジア旅行 −Part2−』

カンボジアといえば、

そうです!

『アンコールワット』 ひらめき



この建物は、12世紀、ヒンドゥー教寺院として建てられましたが、
その後、仏教寺院となった、アンコール遺跡のひとつ。



Martinは、サンライズ晴れ(日の出)の時に行ったんだって。


「すんごい綺麗だったよぉぉぉわーい(嬉しい顔)。」


アンコールワットのサンライズ

アンコールワットのサンライズ(太陽が見える!)


その後寺院に入っていったMartin。


アンコールワット


「けっこう高い建物なんだよね。」

アンコールワット(急な階段ですね!)

アンコールワット(銅像が建ってます!)



P-chanがとっても気に入ったのは、

すばらしい壁画揺れるハートの数々。

アンコールワットの壁画

アンコールワットの壁画

アンコールワットの壁画

アンコールワットの壁画


こういう壁画が、いっぱいあるんだってexclamation


すごいなぁぁぁ。

これが壁一面に彫られた空間ってどんな気持ちになるのかなぁぁぁ。



そしてMartinのもっともお気に入りの一枚揺れるハートはこれ!


『池に写るアンコールワット』
ひらめき

池に写るアンコールワット


これは、「beautiful」ですねるんるん



☆つづく☆
posted by P-chan at 14:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | カンボジア旅行 by Martin

2007年12月17日

『Martinのカンボジア旅行 −Part1−』

10月にカンボジアへ旅行飛行機にいったMatrin。

(参照:『今、どこ?』



そして、ついにexclamation

写真をご紹介できる時がきました!


(皆様、遅くなってごめんなさい・・・ふらふら

ほかならぬMartinから、

「いつやんのぉぉぉ?」というお叱りちっ(怒った顔)の声をいただきました・・・。

とほほ・・・もうやだ〜(悲しい顔)。)



シンガポール空港に乗って、一路カンボジアへ!

と言いたいところですが、


まずは、シンガポールで一泊したMartin。



「とってもいい街揺れるハートだったよ!

綺麗だし、

英語が通じるし!」

(日本は通じないもんね・・・)


シンガポールの高層ビル


そしてシンガポールといえば、


『マーライオン』
ひらめき


シンガポールのマーライオン


顔はライオンだけど、体は・・・。


不思議ですねぇぇぇ。



このマーライオンの口から、水が噴出して霧る写真もあったのですが、

なんと、P-chanが誤って消しちゃったの・・・。



「ああああああああああぁぁぁぁぁがく〜(落胆した顔)

とMartinは叫んでいた・・・。



ごめんね。


☆つづく☆
posted by P-chan at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | カンボジア旅行 by Martin

2007年12月12日

『ちっちゃいMartinのお話』

それはMartinが小学校一年生だったころのお話。



算数がとっても得意だった揺れるハートMatrin坊や。


「毎日試験があったんだけど、いっつも満点手(チョキ)だったの!」

と、どうやら優等生だったらしい。



しかし、ある日悲劇は起こったexclamation



いつもの様に、自信満々で学校に行ったMartin。

そして、前日の試験の結果が渡されて・・・



ところが!

なんと!

一問間違えちゃったexclamation×2



栄えある、クラスでトップの栄冠は、他の子のものに。



ぐわーーーんがく〜(落胆した顔)



今も繊細だけど、当時はさらに繊細だったMatrin。



そしたらね・・・

泣き出しちゃったんだって・・・もうやだ〜(悲しい顔)


(なーーんて可愛い子揺れるハートなのかしら。

ハグしたいわ。

でも、この話を聞いたときは、げらげら笑っちゃったわーい(嬉しい顔)けど。)



テストの点が悪くて泣いちゃったことなんざ、一度もないねぇぇ。



思い出話も楽しいものでするんるん
タグ:思い出話
posted by P-chan at 15:17 | Comment(3) | TrackBack(0) | Martinってこんな人♪

2007年12月11日

『寒っ!』

晴れ目覚め目たら、


「寒いィィィィィ雪。」

と思ったP-chan。



そんな時、Martinから電話が電話



「今日のビクトリアは寒いよ・・・雪。」

と言うので、


「日本も寒いの。

P-chanもちょうど今、そう思ってたとこなの。」―P-chan



「ほんと?ビクトリアはねぇ、0度。そっちは?」―Martin



あれ、何度だろ?

と思って温度計を見たP-chan。



そして正直に答えました。



「えっと・・・。こっちは、10度・・・。」―P-chan



「・・・・・・・・・。」

としばしの沈黙の後、



「それはとっても寒いねぇぇ。」

というMartinのその言い方に、



『そんなの寒いうちにゃ入らねーよちっ(怒った顔)

というニュアンスが感じられた・・・。



ひしひしと。



P-chanは適温の幅が狭いんだもーーんわーい(嬉しい顔)
タグ:寒い?
posted by P-chan at 17:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | こんなことありました♪

2007年12月10日

『カナダにはないね。』

『カナダではお目にかからないもの』


それはいっぱいあります。



例えば・・・


「これいいねえ。」

とMartinが気に入っていた揺れるハートもの、


それは、『座椅子』。

(ちなみにP-chanのうちにはこの座椅子君があります。)






「カナダでもこれ欲しいな・・・ハートたち(複数ハート)。」

と言っていたけれど、

ビクトリアでは見かけたことございませんね失恋




ある日のこと、

ウィンドーショッピングをしていたP-chanとMartin。

(Martinは例によって迷惑そうだったが・・・。)



あるお店の前で立ち止まり、

「うーーん。これ買おうかな・・・」

と迷っているP-chanをみて、


「ずいぶん小さい手袋だねええ。」

とMartin。



ぶはっわーい(嬉しい顔)



「やだMartinってば!

これは手袋じゃなくて、靴下!

でも普通のじゃなくて、五本足靴下なの。」

って言ったら、


「Eeeeeeeeeeeeeeeeehがく〜(落胆した顔)!」

(えええええええええ!)



その靴下を手に取り、しみじみ見て、


「Noooooがく〜(落胆した顔)!」(うそだよ!)


信じてなかった・・・。



カナダにゃないだろ、この代物は。



これも異文化交流でするんるん
posted by P-chan at 15:28 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日本滞在記 by Martin

2007年12月07日

『おちゃが飲みたい』

P-chanとMatrinは、よくお茶喫茶店を飲みます。


よく飲むのは、ローズヒップティカモミールティ。

はちみつをたっぷり揺れるハート入れます。


そしてそれを作るのは、90%、Martin。

(特に理由はないけど、なぜかそうなった。)



「まあてぃいーーん。お茶飲みたくない?」

とP-chan。


「そうだねーー。」

とMartin。



「作ってくれる?お願い!Please黒ハート

というと、


「ええええええーーーがく〜(落胆した顔)!」

とぶつぶつ言いつつ、作ってくれます。



さてさて、ある朝晴れ気持ちよく目覚めたP-chan。


くりっと横を向き、

これまたちょうど起きたばっかりのMartinに一言。


「お茶が飲みたい・・・揺れるハート。」



「ええええええええええええええええええがく〜(落胆した顔)

これは絶対にナイトメア(悪夢)だあぁぁぁもうやだ〜(悲しい顔)!」

と布団をかぶるMatrinだった・・・。



ま、結局作って、ベッドまで運んできてくれたけど。


「僕ってP-chanを甘やかしてる・・・。」

とか、ぶつぶついいながら・・・。
タグ:お茶
posted by P-chan at 12:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月05日

『お持ち帰り』

Martinがカナダに持って帰ったもの。



(1)焼酎


Mratinは酒よりも焼酎が好き揺れるハート


「だって次の日、二日酔いにならないんだよね。

芋焼酎にするか、麦にするか・・・。うーーん・・・。迷うなあふらふら。」

とMartin。

(あんた、ほんとにカナダ人?)



(2)お料理道具


P-chanのうちにはお米を研ぐ為のスペシャルボウルがあります。

ボウルの上部分に小さい穴が開いていて、そこからとぎ汁だけを流すことができるのです。

(穴が小さいのでお米は流れないのよ。)


それを、「あ、これ便利だねーーわーい(嬉しい顔)と言って持っていっちゃった・・・。



(3)ズボン


そうなんですよexclamation

例のP-chanのパジャマのズボンを持っていっちゃったんですよ!


「ねえねえ。P-chan。」とMartin。

「このズボンってなかなか手に入らないの?」と聞くので、

「うんにゃ、んなこたないよ。」と答えたら、


「そんじゃ、これカナダにもっていこーー。」

だとさ。

(そうくるとは思わなかったわ・・・。)



ちっちっ(怒った顔)!と正直P-chanは思ったが、

「どうしても必要なときは、次にカナダに行ったときに持って帰れるとしよう!」

と思い直したP-chanでした。
posted by P-chan at 15:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本滞在記 by Martin

2007年12月03日

『その時はきた・・・』

ついにその時が来ました・・・。


Martinが帰っちゃった・・・失恋


それでもなんとか、帰国の日にちを数日のばしてくれたMartin。



空港まで見送りにいかない予定だったので、

P-chanの職場まで来てくれたMartin。



ランチを一緒に食べ、そのあとスターバックスに行って、

そしていよいよお別れ・・・。

(やばい・・・。こうやって書いてても涙が・・たらーっ(汗)。)


P-chanが職場に帰るには、長い横断歩道を渡るのですが、

Martinはその横断歩道の端にちょこんと立って

ずーーっとP-chanを見送ってるのです。


P-chanも、横断歩道を渡りながら、

何度も何度も振り向くたび、

やっぱりMartinはそこにいて、

手(パー)を振ってくれるのです。

(やばい・・。本格的に涙が落ちてきた・・・たらーっ(汗)。)



そしてとうとう、Martinは見えなくなってしまいました。



もうこのときには号泣するP-chan。


こんなP-chanをみた職場の同僚ももらい泣き。



周りの人にも後押しされ、

「やっぱり空港までいこう!」と決意したP-chan。



そして空港で再会したP-chanとMratin揺れるハート



Martinはそれはそれは喜んでくれましたわーい(嬉しい顔)



残り少ない時間をショッピングしたりおしゃべりしたり・・・。



そして、本当に最後の時が訪れて・・・。



「『bye』なんて言葉、大嫌いだよちっ(怒った顔)!」とP-chan。


キス揺れるハートしてハグして、「Take care!」と言って、

Martinは帰国の途につきました。



えーーーーんえーーーーんえーーーーん。



泣きながら,Martinの飛行機が無事に離陸したのを見届けて、

P-chanは家に帰ったのでした・・・。


でも!

さみしいけど!

P-chan、がんばります!
posted by P-chan at 15:59 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日本滞在記 by Martin
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。