P-chanのもうひとつのブログ
「My英語帳」も更新中ひらめき
yondene icon.gif

2008年05月30日

『スイーツは・・・』

ひさびさのビクトリアのダウンタウン。


感想は・・・

「なんにもかわらんねわーい(嬉しい顔)」。


エンプレスホテルも州議事堂も近くのお店もそのまんま。


しばらくはぶらぶら

40分ぐらい歩いてたら大体見終わっちゃった。


「歩いたら、ちょっと疲れちゃったねぇ。」

(明らかに運動不足のP-chan。)


そんなときは『マーチーズ』でお茶に限ります。


問題は、何のデザート揺れるハートを食べるか。

(ここでも半分っこ)


ケースには色んな種類のケーキが。

「どれにするーー?クッキー?」−P-chan
「うーーん・・・。なんか違う。」−Martin

「それじゃ、チョコレートケーキ?」−P
「それも違うな。」−M

「じゃ、レモンタルト?」−P
「ええーーー。なんかやだ。」−M

「アップルパイ?」−P
「No!」−M

じゃあ一体どれならいいのよちっ(怒った顔)!!!


一生決まらそうなので、

「P-chan、レモンタルトがいい!
ほらよく見て!すんごく美味しそう!
あーーー、食べたいわーー。」

と猛プッシュパンチ


そして結局は

「レモンタルトくださーーいるんるん



ところがこれが、

激うまexclamation×2


Martinも「おいしーーい揺れるハート♪」

ほれみろ。


「P-chanのおかげだねっ?」−P

「・・・・・・」−M

がつがつ食うのみ。


「あっがく〜(落胆した顔)!その最後の一口はP-chanが食べたい!」

ふうう。あぶなかった。


甘いものを食べて幸せな二人。


ここで周りを見渡してみると・・・

結構日本人の子がいるっ。


そこで、

「どの子が日本人かわかる?」

と聞いてみると、


「わかる」んだって。


方法(1) 会話の途中で知っている日本語を聞き取る。

(例えば、『ときどき』とか『やだーー』とか『くさい』とか。)

方法(2) 日本の女の子はブーツを履いている。

(この理論はよくわからんが、ビクトリアでブーツを履く東洋人はすべて日本人だと思っているらしい。でも確かにあたってるかも。)


なるほど・・・。おもしろーーい。


この後は『IMAXシアター』へGo!
posted by P-chan at 14:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | ビクトリア旅行 −2008−

2008年05月27日

『ランチ♪』

ひさびさに『Swans』でランチ揺れるハート


ここで頼むものはただひとつ、

『Halibut burgar』。


そして必ずMartinと半分っこ。

(そういや、丸ごと一個、食べたことないなぁ・・・。)


「そんなんで足りるのかしら?」
と思われるかもしれませんが、

なんたって11:30に起きたP-chan。
朝ごはんもさっき食べたし、
半分でちょうどいいのです。


ハンバーガーと、それからサラダかもうやだ〜(悲しい顔)

「ああああああ!!!」

メニューをみてびっくりがく〜(落胆した顔)


なんと、ヤムフライは別料金がかかるっ!


前はそんなことなかったのに・・・もうやだ〜(悲しい顔)


二人で「えええっ!けちっ!」

と、ぶうぶうちっ(怒った顔)


でも結局、ヤムフライとハンバーガーを注文。


そして・・・きたきた、待望のバーガーが!

ここでMartinは待ちます。
P-chanが半分に切り分けてくれるのを。


ええ、これは絶対にP-chanの仕事。

だって前にMartinが切ったら
ぼろぼろのばらばら
とっても食欲をそそらない代物になっちゃたのよ。

(注:彼は不器用ちゃん。言うと傷つく失恋からいわないけどね。)


「あ、そういえば、ピクルス嫌いだったよねーーわーい(嬉しい顔)

とP-chan。

(注:ピクルスはP-chanの大好物揺れるハート


「いいえ!すでにご存知の通り、大好き揺れるハートです!」−Martin


ちぇぇ・・・。


というわけでピクルスもきっちり半分こ。




「あーーー、やっぱりうまいるんるん


これぞビクトリアって感じ。
(あ、これはあくまでP-chan的感覚ですので。)

お腹がいっぱいになったところで、
ビクトリアのダウンタウンを散策しにGO!


【RatesToGo】直前予約でどこよりも安いホテル料金
posted by P-chan at 14:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | ビクトリア旅行 −2008−

2008年05月23日

『次の日の朝は・・・』

「おはよーーー演劇。起きてーーー。」

遠くからなにやら声が・・・。


うるさいので、ベッドの中に深く深くもぐるが、
しつこく聞こえてくる・・・。


結局、眼が覚めちゃった目P-chan。


「おはよーー。」とMartin。


「えええええっっ?!

まだ眠い!今何時よ?」

と寝起きが悪いP-chanちっ(怒った顔)


「11:30です。」−Martin


げっっっ!!

もうそんな時間exclamation&question


というわけで、
ベッドからむくっと起きたP-chan。


「おはよーーー」


そんなP-chanの顔を
じっっ目と見ていたMartinがぽつり。


「メデューサみたい・・・。」


あら、P-chanの髪の毛、そんなにすごい?

だーーから昨日、ドライヤーのこと聞いたのにーー。


「これはMartinのせいよ!」

とP-chan。


さてさて、朝ごはんのコアラクリスプを食べた後、


「今日は一緒に何しよっかーーー。」

(この会話自体が幸せだわるんるん



「P-chanがやりたいこと、言ってみて?」

といわれたので、


「えっと・・・タイレストランに3回いって、

あと、大好きな『SWANS』で『halibut burgar』を、

そうねーー、少なくとも3回は食べたいわ。

それと、『vitamin shop』にいって大好きなボディーローションを買って・・・」


「ちょっと待って!」

とMartin。


と思ったら、なにやらメモし始めたexclamation


ちょっと見てみたら、

「スワンのバーガー・・・少なくとも3回」

とか書かれていて、


ぷぷぷわーい(嬉しい顔)


話し合いの結果、

今日のお昼は『SWAN』で決定!


いえいっわーい(嬉しい顔)exclamation×2
posted by P-chan at 12:36 | Comment(8) | TrackBack(0) | ビクトリア旅行 −2008−

2008年05月21日

『起こしちゃった?』

時差ぼけのP-chanふらふら


まだ夕方の4時だけど、

ねむいぃぃぃぃぃっ。


しかし!

ここで寝てはいかん!


というわけで、

必死に睡魔と闘う爆弾P-chan。


ところが、

7時には限界に近づき、

シャワーを浴びて寝る準備。

(本当はお風呂に入りたかったけど、
Martinの部屋の風呂、いまいち入る気がしなかった。
汚くはないけど、ちょっと疑わしい感じ。)


「ちょいとあなた、ドライヤー持ってる?」−P-chan

「どらいやぁぁぁ???ははははははははっわーい(嬉しい顔)!」−Martin

だってさ。


『俺はなんだぜっ。

そんなもん、あるわきゃないぜっ。』

という笑いであった。


あらやだわぁ。

カナダは寒い雪のに、ドライヤーは必需品じゃないのかしらね。


しょうがないので自然乾燥。


でも乾燥するまで待てないので、
そのままベッドに直行したP-chan。


ことん、と眠りに落ちて・・・


ところが!

起きちゃった目


なぜって?

「異常に寒いから」exclamation


Martinは暑がりで、部屋の温度を低めにしておくのです。

しかしP-chanは極度の寒がり。


こんな極寒では寝れん!

ということで、


「まーてぃーーんんんん・・・。」

と眠っている彼に話しかけてみた。


「うおおっっ?!」−Martin

「I am so cold.......」−P-chan
(とっても寒いの・・・。)


「うあっ?!そうだ、忘れてた。寒がりだもんねーー。」


というわけで、ヒーターの温度をあげて、

また眠りの中へ・・・。


ところが!

また眼目が覚めた!


今度は、「喉がかわいた」。

(なーんか乾燥してるのよ・・・。)


こっそーーーり、部屋をでてキッチンへ。


「うあああっっ?! P-chan?がく〜(落胆した顔)


Martinがまた起きちゃった。

(そういや彼は、『Light sleeper(眠りが浅い人)』)



次の日、

「昨日はあんまりよく眠れなかった・・・」

と言っていたMartinでした。


ごめんなさーーいわーい(嬉しい顔)


英会話イーオンの無料体験レッスン
posted by P-chan at 12:25 | Comment(6) | TrackBack(0) | ビクトリア旅行 −2008−

2008年05月19日

『会えた?』

ビクトリア行きの飛行機飛行機に乗り込んだP-chan。


また具合が悪くなったらどうしよ・・・ふらふら

と一抹の不安がよぎるが、しかし!


「具合が悪くなる暇がなかった。」

すぐ着いちゃって。

(だって15分くらいなのよわーい(嬉しい顔)。)



空港に降り立ったP-chanの一言目。

「さぶっっっっ雪


ほんと、すんごい寒いんですよ。


ばりばり冬のコートが必要です。



今回は残念ながら空港にこれなかったMartin。

(ちぇっどんっ(衝撃)。)


なので一人でシャトルバスにのって
『James Bay Square』まで行かなくちゃいけないのです。

(何度も来てるが実は一人でダウンタウンまで行ったことはない。)


えーーーと・・・。
シャトルバスのカウンターは・・・。

どこよそれ・・。

とわからなかったので、 Martinに電話電話

(今考えれば、空港の人に聞けばよかったわ)


「ちょいとーー、見当たらないんだけどォ?」−P-chan

「あ、それは、空港をでてすぐのところ。ちっちゃいブースみたいのがあるでしょ?」−Martin


あらほんと、外にあったわ。


広大な(?)ビクトリア空港をでて、

(あ、これは、MartinとP-chanの間でしょっちゅう交わされるジョークのひとつで、本当はちっちゃい空港です。迷子になりようがないくらい。)

ブースにいたお姉さんに16カナダドル払って、

ドライバーさんに、「James Bay Squareに行きたいの。」と言って、

乗り込んで、

出発進行!


P-chanのほかには、2人のお客さん。

(いつもこんなに空いているのかしらね・・・。)

中国系のカナダ人の方が話しかけてきて、楽しくおしゃべりしてたら、

もう着いちゃった!

(多分30分から40分くらい乗ってたかな・・・。)


『James Bay Square』には『Thrifty store』というスーパーがあります。

その隣にスターバックスがあって

そこでMartinが待ってるはずなのですが・・・。


いたっっっexclamation×2

間違えようがない、あの垂れ眼ちゃん。


「まーてぃぃぃぃぃんん!」

でかい声で呼ぶ演劇P-chan。


しかし、店内にいるMartinは気がつかない。

(あとから聞いたが、数読をやっていたらしい)


今度はさらにでかい声で、

しかも手もぶんぶん振ってみた。



まだ気づかない。


くっそーーーちっ(怒った顔)

ということで、窓をたたいてみたら・・・・。


やっと気づいたっ!


にこにこしながら外にでてきて・・・

ハグハグハグるんるん


「みゃーーおォォォ♪」

至福の泣き声をあげるP-chanでした。

(注:P-chanは猫とよばれてます)


ふうう。やっと会えたよ。

よかったよかった。




posted by P-chan at 10:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | ビクトリア旅行 −2008−

2008年05月14日

『バンクーバー空港にて』

バンクーバー空港に到着したP-chan。


まだちょっとふらふらふらふらする・・・。


しかし!

まだ旅は終わっちゃいないぜっ!


ここから国内線に乗り換えて
ビクトリアまで、
またあの大嫌いな飛行機飛行機に乗らねば!


まずは税関へ。

ここがね・・・。
いつも思うのは、

「長蛇の列」。


つまり、時間がかかるのです。


その日も、ろーーんぐろーーんぐライン。


「ま、しょうがないね。」

と、とりあえず並んでみたP-chan。


10分経ち、20分経ち・・・


気づいてみたら、

次の飛行機の搭乗時間がせまってるっっ。


きゃああああああああああがく〜(落胆した顔)

こんなの待てないわ!


ということで、

並んでいた列からでて、
遠くのほうにいた制服を着たおじさまに、

「時間がないの!」

と説明したら、

「じゃ、ここに入って!」

と列の前に入れてくれました。

(じろじろ目見てきた人もいたけど、
だってしょうがないじゃない?)


無事税関を通り、
スーツケースをピックアップし、

乗り継ぎのカウンターへ。


そしたら、

「うーーーーん・・・。
ちょっと遅れちゃったわね。
カウンターに行って聞いてみて。」


うそやだ!

通常だったら、そこでそのまま荷物を預けるだけなのに、
どうやらくるのが遅かったらしい。


またそこも長蛇の列。

ふうっ。


「今回の旅は、ハプニング満載だわねーー」

なんて思いながら待っていると、


前に立ってた男の人はとってもいらいらした様子むかっ(怒り)で、

「こんなに待たせるなんて、いったいどうなってんだよ!
しかも、係員も少ないし!」

とぶつぶつぶつぶつ爆弾

(頻繁に「F○CK!」と言っていた・・・)


あらら・・・。

そんなに怒ったら、体に悪いわよォ。
皺もふえるしさ。

などど思いつつ、

とばっちりをくらいたくないので、

微妙に彼との距離をあけつつ、待つこと15分。


やっとP-chanの番。

「私、飛行機乗れる?遅すぎた?」

と聞いたら、


「ちょっと待って・・・。

大丈夫!乗れるわよ!」


やったっ!


どうやらP-chanが乗るビクトリア行きの飛行機が
幸運なことに、「遅れてる」んだって!


あらーー、こんなこともあるのね!


というわけで無事にビクトリア行きの飛行機に乗り込んだP-chanでした。


posted by P-chan at 13:48 | Comment(5) | TrackBack(0) | ビクトリア旅行 −2008−

2008年05月12日

『飛行機にて』

バンクーバーへ向けて飛行機飛行機に乗ったP-chan。


ところが・・・

さむっっっふらふら!!!


毛布をかけても、寒すぎるっっ!!!


そこでセーターを着て、
冬のコートを着て、
厚手のソックスをはいて・・・。


かたや、半そでの白人のやや恰幅の良いおばさまがいるなかで、

ぶるぶるふるえるP-chan。



そして4時間が経過したころ、

お腹の調子がっふらふら


あれっっっもうやだ〜(悲しい顔)

(お寿司がよくなかったのか?)


それからトイレとの往復が始まり・・・。

(席が近くてよかったわ。ほっ晴れ。)



やっとこさ6時間が経過。


そしたら今度は頭痛がっがく〜(落胆した顔)


がんがんがんがん爆弾

(寒いから風邪でも引いたのか?)



そして8時間が経過。


いよいよ今度は、気持ちが悪いっもうやだ〜(悲しい顔)


むかむかむかむか。

(妊娠か?いやそれは明らかに違うであろう。)



寒さ腹痛頭痛吐き気と戦い、

ついに9時間が経過。


「あと少しよ!ガンバレ!」

と心のなかで自分を励ますP-chan。



そして、ついに!

バンクーバー空港が見えて、
飛行機の高度がぐんぐんさがり、
車輪が滑走路に、タッチダウン!


その瞬間!


おえええっっっもうやだ〜(悲しい顔)

(ごめんなさい、こんなお話でふらふら。)


念のため、手に握り締めていたビニール袋に、もどしちゃった・・・。


しかし、タッチダウンの騒々しさで
P-chanの雄たけびもかき消された模様。

(さすがに隣の人は気づいたが。)


そんなこんなで無事(?)バンクーバー空港へ到着したのでした・・・。


いやいやいや・・・

いままでで、もっとも過酷なフライトであった・・・。


posted by P-chan at 15:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | ビクトリア旅行 −2008−

2008年05月08日

『カナダへ出発!』

ひさびさにMartinに会えるぜい手(チョキ)

とやや興奮気味のP-chan。


空港へ近づくだけでわくわくわくわく揺れるハート

(なんてゆーーんでしょ。
空港って、気持ちが揺さぶられる場所ですよね。

わくわく&さみしい
(だって見送る時もあるしさ)

みたいな・・・。


ところで・・・

過去に何度も海外に行った事があるP-chanですが、

実は、

だいっきらいなんですよ、

飛行機がっもうやだ〜(悲しい顔)



あの閉塞感といい
(あ、もちろんいつもエコノミーなんで)、

あのふいにくる上下の揺れといい、

そして、なによりもあの食事がっ!


食べれないっ失恋

(ごめんなさいもうやだ〜(悲しい顔)、スチュワーデスさん)


しかも、最近では、
飛行機に乗ると、疲労感がすごい。

(あーー、年はとりたくないわ。)


そんなわけで、
飛行機に乗る前にしっかり食事を取ることが
必須なのであります。


いつもは、胃にやさしいスープなどを食べるのですが、
この日は、なぜか「寿司」の気分。


というわけで、握りずしを注文。


「まーー、私ってなんてリッチなんでしょ。」
(どこが!)

と自己陶酔しつつ、完食。



そしていよいよ飛行機へ飛行機


今回(ていうか、いつもだけど)は、エアカナダ。

東京からバンクーバーへは、
だいたい9時間のフライト。

座席にはテレビはついておらず、
(でも以前のったときは、あったような気が・・)

席がやや遠くて、映画を見るにはややつらい。


しかし、トイレには近かったのでまずはよしとしよう。


「9時間が早く過ぎてくれますように・・・」

と祈るP-chan。



ところが・・・。


その場で【予約】ができちゃう海外航空券サイト
posted by P-chan at 14:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | ビクトリア旅行 −2008−

2008年05月06日

『実は・・・』

二ヶ月ほど、ブログをお休みしていたP-chan。


みなさま、

ごめんなさいっふらふら


ご心配をおかけいたしました。


病気だったわけではないのですが、

なんていうんでしょうか、

ちょっと心がぎすぎす失恋して、

疲れふらふらちゃったんですね。


こんな時には

ネガティブ右斜め下なことしか書けないし、

そんなの、読んでくださるみなさまも、

楽しくないですものね。



そんなわけで、
しばらくお休みしていたP-chan。


そして実は・・・


ちょいとビクトリアまで

遊びにいっていたのですっっっexclamation×2

(いやーー、寒かった・・・雪。)



ということで、


ビクトリア旅行記を次回から、

ご紹介しますねるんるん


お楽しみにるんるん



☆【RatesToGo】20日以内の間際予約で格安ホテル予約☆
posted by P-chan at 15:18 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。