P-chanのもうひとつのブログ
「My英語帳」も更新中ひらめき
yondene icon.gif

2010年03月25日

『ベトナム旅行(6)』

ベンタイン市場を後にしたP-chanとMartin。



ぐったり・・・もうやだ〜(悲しい顔)



元気のないP-chanに、Martinが一言。


「なんか食べるーーぅわーい(嬉しい顔)?」



いえーーーーいいるんるん


即座に復活するP-chan。



でも疲れてるから、遠いところはいや・・・もうやだ〜(悲しい顔)



そしたら、


前にいったことがあるレストランが

なかなかGOODで、

しかもここから近いらしい。


「よし、そこにしよ!」

即決のP-chan。



それはベトナム料理のレストラン。



名前は・・・。


えっと・・・。


忘れました・・・もうやだ〜(悲しい顔)




屋内と屋外の席がありますが、

P-chanはまよわず屋外晴れを選択。



パラソルもあるし、

暑かったら、

冷たいジュースでも

飲めばよいのですよ。



Martinはまずビール。

P-chanはまずフルーツジュース。



これは絶対にはずせないわっ。



肉を食べない二人は、

春巻きと

野菜炒めと

フルーツプラッター


(いわゆるカットフルーツの盛り合わせ)

を注文。


ここである疑問がexclamation



『なぜ、Martinは

料理とフルーツを一緒に頼むのだろうか』


この人、同時に食べるのだろうか・・・。



P-chanはいつも食後に食すのだが・・・。


「うーーん・・・ふらふら

と考えこんでいるうちに、

料理が運ばれてきました。



いえーーいい♪

こりゃ、テンションあがるわーー♪



おいしーー揺れるハート

いつも思うけど、アジアの料理って

どれもほんと美味しい。


日本料理にも通じるものがあるからなのかなーー。



もちろん、他の国の料理も美味しいですが、


やっぱりP-chanはアジアの料理が好きなんです黒ハート



Martinも、がばがば食べてるので満足しているようだ。



あっ!

春巻きの次に、

マンゴー食べた!


本当に普通の料理とフルーツを一緒に食べるんだね・・・。

ふーーん・・・。



食事中思ったことがもう一つ



『Martinはどんだけビールビールを追加発注するのだろうか』


「もーー飲みすぎexclamation

って言うと、


「えーー?

だって安いしーー

それに、

『Holiday!(休暇中)』だしーー!」



あっそ。

酔ってP-chanに迷惑かけなければ良いけどね。



お腹もいっぱいわーい(嬉しい顔)になって、

復活したP-chan。



再び街を散策することに。


おっ。

よさげなお店があるっ。



「入ってみよーよexclamation


買い物が嫌いなMartinは

いつもはぶーぶ言うが、

さすがに今回はなにもいわず、

にこにこわーい(嬉しい顔)後をついてくる。

(ベトナム万歳!)


あら、いいじゃなーーい。

シンプルで、P-chan好み揺れるハート


ジーンズが暑く晴れてたまらなかったので、

かるくて、涼しいパンツを物色。


Martinとあーだこーだいいつつ、

カーキ色の麻のパンツを試着。


おっ。

太めのストレートラインだけど、

お尻のラインは綺麗にでてGOOD揺れるハート


サイズもばっちりexclamation


ちょっと長かったので

お直しをお願いすると、

30分ぐらいで、無料でやってくれるらしい。


いえーーいわーい(嬉しい顔)


即買いexclamation×2

値段は25USドル。


Martinは、

「うーーん、ベトナムでは
ちょっと高いほうかなー」

って言ってたけど、

ま、いいってことよ。


いやーー

やっぱり、

買い物って

楽しいわーー♪



そのあとも街を散策。

ちょっと足が疲れてきたので、

マッサージへいくことに。


Martinが言うには、

体の不自由な人のための施設があって、

盲目の人たちがやるマッサージが

とっても良かったらしい。



(気持ちよくて寝ちゃったんだって)


というわけでそこへGo!


ベトナムを調べるならやっぱりこれ!
posted by P-chan at 16:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | ベトナム旅行

2010年03月09日

『ベトナム旅行(5)』

ベンタイン市場へと突入するP-chanとMartin。


中へ入ったとたん、

暑さ晴れ

(もちろんエアコンなんてない)

人ゴミで、



くらくらくら・・・・・ふらふら



お店がずらーーーーと並んでいて、

所狭しと商品が並んでます。

そして店員が威勢よく声をかけてくるっ演劇


とにかくすごい熱気ぴかぴか(新しい)




しばらく市場を歩きまわってみることに。



歩いていると、

「中みてってーー!」


立ち止まると、

「何探してるの?」


ちらりとある品物に目を向けると、

「これはすごく可愛いよ。色違いもあるよ。」


品物を手に取ると、

「安いよ。たくさん買ったらもっと安くするよ。」





『お気軽なウィンドーショッピング』


これはできない。絶対にexclamation



なんというか、

すごくエネルギーを吸い取られる・・・がく〜(落胆した顔)




そんな中、

ズボンが欲しいと言い出すMartin。



市場内は、洋服、雑貨、靴、バック、食料品ごとに分かれているので

(特に区切りはないが、市場の地図をガイドで発見)

洋服のエリアへ。



あるお店で立ち止まったMartin。

どうやらよさげなズボン揺れるハートを見つけたらしい。


「このズボン?これはいいよーー」

とお姉さん。


「サイズはある?」−M


「もちろんよ。XLね。着てみて。」−お姉さん


もちろんその場で試着。



脱ぐわけにいかないので、

今着てるズボンの上から試着するMartin。


「ほらぴったりーー!すごい良く似合うわーー!」


と売り子さん。



「P-chanはどう思う?」

とMartin。


「デザインはまあまあ。

でも、サイズがあって、安ければいいんじゃないの?」

とP-chanが言ったので、


「いくら?」とMatinが聞くと、

「6ドル」−お姉さん


「Noooo!

だめ、高い!」
−M


「いくらなら買うの?」−お姉さん

「3ドル」−M


「だめだめ。これは麻だし、よい商品だし、5ドル」−お姉さん


「3ドル」−M


「えええ。じゃあもっと買ってよーー」


とそのころには、

Martinの腕をつかみ、


このやり取りの間中、

違うお姉さんがP-chanにもなんか買わせようと、

あれやこれや言ってきたので、

疲れてきたふらふらP-chan。


「もっと他のところも見ればーー」

と言ったから大変exclamation×2



もうお姉さんたちは、

がっちりMartinを捕まえて離さない。


「だめ、今買って。」



また戻ってくるからと何度いっても、無理。


「ぴーーちゃーーん・・・。助けて・・・もうやだ〜(悲しい顔)。」−M



そのころには、

あまりのしつこさにいらいらむかっ(怒り)してきたP-chan。



「他も見たいからだめ!

彼を離して!」


とMartinのもう片方の手をぐいぐい引っ張って

ようやく抜け出した二人。



その時、P-chanは見ましたよ。



腹立ち紛れにその売り子さんが

ばんばんとそのズボンを叩いているのを。

すごい形相でexclamation


売りたいのはわかるけど、やりすぎっ!



「絶対にあそこでは買わないからちっ(怒った顔)!」

というP-chan。


Martinも、

「良い人もいるけど、やりすぎな人もいるよねーー。」



そーーだそーーだ!



ぷりぷりするちっ(怒った顔)P-chanを見たMartinは、



「なんか甘いもんでも飲もーーハートたち(複数ハート)



そうだわ。


ここは飲食もできるんだった。


冷たいジュースでも飲むか。

(食べ物の誘惑に弱いP-chan)




というわけで

食料品売り場の近くにある

飲食できるスペースへ。



しかしここでも

すごい勧誘・・・ふらふら



でも、とっても英語が上手な売り子さんがいたので、

そこでシントー(フルーツジュース)をオーダー。




「はい、ここに座ってーー」


とある席に座らされるが、



その時、P-chanは見たexclamation



でっかいゴキちゃんをexclamation×2



ひえええ・・・がく〜(落胆した顔)



Martinに「あれ見て!」

と指差すと、




飛び上がってましたよ!ほんと。


じゃーーんぷ、って感じ。




そこで店員に

「あそこにでかいゴキブリがいるよ」

と言うと、



その子は、


えいっ。



踏みつけたっexclamation×2




ひえっがく〜(落胆した顔)





しかしその後もまたでっかいゴキブリを見つけたので、


これにはさすがにうんざりもうやだ〜(悲しい顔)して、


席を替わった二人でした・・・。





でもフルーツジュースは

甘くて冷たくてGood揺れるハート

安いしわーい(嬉しい顔)




その後、

Martinが、昨日買い物をしたお店に行きたいと

というので


訪れてみると、



ありましたよ、さっきのと同じパンツが。



Martinを覚えていて、

『3ドル』で売ってくれましたるんるん



(ええええー?『4ドル』じゃだめ?

と言われたけど、Martinが押し切った。

この人、交渉上手・・・)





ベンタイン市場初体験exclamation


疲れきって、何の買えなかったP-chan・・・。



「次回こそは!」

と誓うのでした・・・。


トリップアドバイザー
posted by P-chan at 14:32 | Comment(5) | TrackBack(0) | ベトナム旅行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。