P-chanのもうひとつのブログ
「My英語帳」も更新中ひらめき
yondene icon.gif

2011年02月17日

『夢でP-chanが?!』

「昨日すごい夢を見ちゃったよ・・・がく〜(落胆した顔)」とMartin。

あらまあまあ。
でもなんか顔が曇ってるふらふらねぇーー。
いやな夢失恋だったの?


「あのね・・・・。

なんとね・・・。


違う女の人と結婚してる夢だったの・・・もうやだ〜(悲しい顔)

!!!!!

(この時正直P-chanは思いました。
「もしや私はMartinの運命の人じゃないのでは・・・がく〜(落胆した顔)」と。
がくーーん・・・もうやだ〜(悲しい顔)


しかし話はこれで終わりではなく・・・、

「しかもね・・・

その女の人を紹介して
結婚するようにすすめたのが、


『P-chan』だったんだよ!!!!!」


!!!!!!!!!!!

間違いなく今年一番のショック爆弾


なんで、

どうして、

よりによって、

P-chanがそんなことをexclamation×2


「僕はほんとショックがく〜(落胆した顔)で、
悲しかったよ・・・もうやだ〜(悲しい顔)


そりゃそうだよね・・・。

でもP-chanはほんとそんなこと思ってないし、
何がそうさせたのか、ほんとわかんない。


そしたらMartinがこう言いました。


「たぶん昨日読んだ記事のせいかなぁふらふら

夜寝る前に、ジョン・レノンとオノ・ヨーコに関するある文章をネットで見つけ、
ちょっとした驚きを覚えたMartin。


それは、
結婚後、一度別居してた時期失恋が2年ぐらいあるらしい。
(ほーー知らなかったわ。)

その期間、
ジョン・レノンは中国人の女性とつきあっていたらしいが、
その女性との出会いをおぜん立てしたのは
奥さんであるオノ・ヨーコで、
愛人であることも知っていたらしい。


ほえーーー。

P-chanにゃできないわーーこれは。



「だからきっとこんな夢を見たんだと思うよ。」−M

そうだよ!
間違いないよ!

よかったーーーわーい(嬉しい顔)

(なぜか罪悪感を感じてたP-chan・・・)



「でもさーー、

もしP-chanがオノヨーコさんみたいなことしたら

どうするぅ?」


と聞いてみると、



「どうだろうねーー。

愛人かぁぁぁわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)


とにやにやわーい(嬉しい顔)するMartin。



こいつっ。みてろっちっ(怒った顔)



「これを肯定するということは、

逆もありってことだね!

P-chanが愛人を作るっていうシナリオもさ!」



と明るく言うと、



「・・・・・・・がく〜(落胆した顔)


にやにや笑いが消えたMartinでした。


ふふん。
タグ:
posted by P-chan at 20:52 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月12日

『結婚って・・・。』

結婚して変わったことといえば・・・、と考えるP-chan。


そうですねぇぇぇ。

まずは『My wifeですexclamationってMartinが言うときかな。


ベトナム旅行でP-chanをワイフと呼ぶと、
くすぐったいような気持ちぴかぴか(新しい)になったなぁ。
(正直初めは、「それどなた?」って思ったりしてわーい(嬉しい顔)
いまでもなんか変な感じです。


あとは、そうですねぇぇぇ。

やっぱりお互いの家族との付き合いが恋人時代とはちがうかな。

Martinのおかあさんはとっても筆まめで、
恋人時代も、クリスマスカードやそのほかの時も、
カードを送ってくれたり、近況を知らせるため写真を
送ってくれたりしてたけど、
今は頻繁exclamationそれにメールメールも来ます。

P-chanをウェルカムしてくれて、
母性愛あふれるハートたち(複数ハート)お母さん。

一方のMartinも、先月P-chan家族から年賀状が届いてて、
焦ってがく〜(落胆した顔)次の日送ってました。

スカイプで「P-chan、文章これでいい?カード、これでいい?」
と聞いてきたりして。

そして、「ねえねえ。お兄ちゃん、僕の年賀状届いたって言ってた?」
と聞いてきたから、

「さあねえ。届いたんじゃーーん。」
と適当に答えたら、

「すぐ確認してexclamation×2


はーーーい。
もーーー大丈夫よ――、
P-chanの家族、Martinのこと好き揺れるハートだからさーーー。


P-chanのアパートにたまに遊びにくるお母さんが、
スカイプに緊急出演することも。


そうするとね・・・
Martinが凍ってるのがく〜(落胆した顔)
緊張してるの。
「どおしよぉふらふら」みたいな顔してるの。

P-chanのお母さんは、英語は全然しゃべれないけど、
まったくそんなこと気にせず、
知ってる単語を並べて、いろいろ話しかけるんだけど、
それを必死に聞き取ろうとしてるMartinの顔。

たまらん。
おもしろすぎてやめられん。
ふふふわーい(嬉しい顔)


ま、実家に帰ったMartinからのスカイプにも、

「あら、P-chanよ!」

と言って、Martinパパとママが出演することもありますがね・・・。



そんな感じでーするんるん
posted by P-chan at 15:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国際結婚

2011年02月10日

『もうすぐかもね!』

いつものようにメールアカウントをチェックしたP-chan。


すると・・・


『your application』がなんたらかんたら、

と書かれた英語のメールメールを発見目exclamation



おおおおおおおっexclamation×2


もしやこれは、

待望のVISAに関するお知らせでは?



どきどきするーー揺れるハート

まさか書類に不備はないはずexclamation

P-chanはあんなに慎重にやったし、

Martinにもチェックしてもらったし。

(あ、でも『hUsband』のスペルを『hAsband』

って書いちゃったけどふらふら

以来、MartinはそのことでP-chanをからかうけどもうやだ〜(悲しい顔)



クリックして読んでみると・・・



「パスポートを赤坂にあるカナダ大使館に

1か月以内に送るべし」


という内容。



あらやだ。

そういや、そういうリクエストがくるって

いってたなあ。

忘れてたわ。



でももしやこれは

「もうすぐVISAが取れる」
ってことじゃないかしらぁ?????



すぐにMartinにこのメールを転送グッド(上向き矢印)



すぐさま電話電話がきたexclamation



「P-chan!早くパスポート送って!」−M



うんわーい(嬉しい顔)



「あ、それから、ちゃんと、封筒にP-chanのファイルナンバーを書くのを忘れないで!」



もーーー、

わかってるよーー。

P-chanだって英語読めます!



「今日送って!」


そりゃ無理。

もう夕方だし、郵便局やってない。



「そっか・・・。

じゃあ、明日、大使館に持っていったら?

ほら、そのほうが安全で確実だしさーー。」



大丈夫よーー。

ちゃんと書留で送るからーー。

追跡もできるし。

次の日届くよ。



「そっか・・。

うん、わかった。

じゃあ明日、絶対に送ってね!」


はーーーいわーい(嬉しい顔)



あと1ヶ月ぐらいででとれるかなーー。



春は近し
揺れるハートですね。

posted by P-chan at 18:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月09日

『最近はね・・・』

P-chanとMartinの最近は・・・
といえば、



相変わらず

P-chanは日本、

Martinはカナダ、

と、遠距離結婚ひらめきをしております。



それもこれも、

『Family class』のビザ(カナダの永住権)を待ってるんですexclamation



5月にカナダで結婚し、

7月にすべての書類を記入&送付。

(これがまた厄介なものもうやだ〜(悲しい顔)でして・・・)



以来ずっと、いまかいまかと

VISAが取れるのを待っております。



でも実はP-chanの気持ちはなんか複雑失恋



もちろん早くカナダに行って

Martinと一緒になって

家庭を築きたい。



これはほんと。



でも、

やっぱり日本を離れるのは

つらいし、寂しいもうやだ〜(悲しい顔)exclamation×2


だからこのあいだスカイプで、

「あーーー、どんどん日本での時間がなくなっていくexclamation

いやだわーーもうやだ〜(悲しい顔)

と言ったら、



「ナイスなコメント、ありがとうよ・・・。」

とM。



「あーーーんふらふら。さみしいよーーーもうやだ〜(悲しい顔)。やだやだーー失恋。」

とまた言ってみたら、



「・・・・・がく〜(落胆した顔)。」−M



からかうのはこれくらいにするとして、

ま、でもMartinにゃわからんのよ、これは。



そのMartinはといいますと、

最近あることに悩まされているらしい。



それは、

「ワイフはまだか?」

とみんなに言われることらしい。



「もうさーー

僕の顔を見るたびに、

『なんでまだVISAがおりないんだ?』

っていうんだよ。

そんなのこっちが聞きたいよぉ。」



なるほど。

そんな苦労が。



「しかもさーー、

僕の友達は何か月で取れたとか、

あのフィリピンの子はどうだったとか、

長々と話始めるんだよ。

だからもううんざりパンチして、


最近じゃ、ただ、

『No!(まだワイフは来てない)』

とだけ言って、その場を去る様にしてるんだよ。」



あらまあ。

でもそれじゃちょっと社交性に欠けるってもんじゃないのぉ?

聞き流せばいいじゃないのよーー。



最近のP-chanとMartinは

こんな感じですグッド(上向き矢印)
posted by P-chan at 20:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月01日

『ベトナム旅行(40)』

そして、ほんとうに旅の最終日。exclamation

深夜にP-chanは東京へ。
Martinは次の日の早朝にバンクーバーへ。

あーー、
やっぱり、
寂しい・・・もうやだ〜(悲しい顔)

でも仕方ないか・・・ふらふら


この日はとにかくゆっくりのんびりすることにした二人。

好きなだけ朝寝坊時計して
ゆっくりごはんレストラン食べて、
マッサージぴかぴか(新しい)しにいって、
コーヒー喫茶店やフルーツジュースバー飲んで、
またちょっと昼寝眠い(睡眠)して、
そして早めの夕ご飯。
この日もホテルのレストラン。

そしてここで、トランプハートスペードダイヤクラブ登場exclamation×2

空港に行くには早すぎるし、
どっか外にいくと疲れるから、
二人で遊ぶことに。

レストランでトランプ開始。

いつものことながら、
二人とも大マジ爆弾

どちらも負けたくない。
特にお互いには。

楽しい雰囲気ではなく、
真剣モードでトランプ勝負するP-chanとMartin。

勝利は二人の間をいったりきたり。


「いえいっ手(チョキ)!」
と喜んでると、
次はこてんぱむかっ(怒り)にされたり。

でもたのしーーーいるんるん

そんなこんなで、
空港に行く時間に・・・・。

くうう。
寂しい・・・ふらふら

とってもフレンドリーなホテルのスタッフともお別れ手(パー)
最後にみんなで写真カメラとって
タクシー車(セダン)へ乗り込むMartinとP-chan。

「あーーーあ。
終わっちゃったね・・・。」
とP-chan。

「うん・・・。」ーM

ふうう。


そして空港到着。

P-chanは深夜の便だから
先に出発。

Martinは早朝の出発だから、
それまで空港で待たなきゃいかんのです。

お気の毒さま・・・がく〜(落胆した顔)
P-chanだったらつらいわぁもうやだ〜(悲しい顔)

「もう時間だから行かなきゃ・・・。」
とMartinを見上げたら、

たらーっ(汗)があふれてきた。

「だめ!泣かないで!
僕も泣くから!」ーM


だってだって・・・。
2週間ずっと一緒だったのに、
また離れ離れなんてさ・・・。

でもP-chanはがんばりましたよ。
目はかなり水っぽかったけど、
涙はこぼしませんでしたよ、一滴も。
(ハンカチでちょいと拭いたけど)

「そうだよね!
私たちには未来があるもんねexclamation×2


そうよそうよ。

自分をはげまし、
Martinとかたく抱き合って、
さよならのキスムードをして、
P-chanはゲートを通過したのでした・・・。

その間Martinは、ずーーっと手手(パー)を振ってました・・・。
P-chanが見えなくなるまでずーーっと。

その時は1人で泣いちゃいました。

人が見てたけど
かまうもんか。

泣きたもうやだ〜(悲しい顔)いときには泣かなきゃね。

そして無事に東京へとついたP-chanでした。

(あ、Martinも無事にカナダにつきましたよ)

☆終わり☆

格安航空券比較〜「航空券ドットネット」
posted by P-chan at 17:18 | Comment(4) | TrackBack(0) | ベトナム旅行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。