P-chanのもうひとつのブログ
「My英語帳」も更新中ひらめき
yondene icon.gif

2011年08月15日

『Nelson(ネルソン) −番外編−』

自然がいっぱいのNelson(ネルソン)exclamation

ということは、こんなこともあるわけで・・・

lacoon in Nelson (1).JPG

ある夜、木がやたらガサガサいうわねーー、
と思っていたら、
Raccoon(アライグマ)発見exclamation×2
上手に木を登っておりましたわーい(嬉しい顔)


そしてこれまたある朝、
Martinがこう言ってきました。

「昨日、臭かったねーー。」

えええええがく〜(落胆した顔)
P-chan臭いのもうやだ〜(悲しい顔)

「違うよーー。
庭にスカンクがいたんだよーー。」

マジでexclamation&question

「もうすごい臭かったよーー。」−M

それでも起きないP-chanって・・ふらふら・。


そしてこれまたある日、
山をハイキングしていたP-chanとMartin。

そこで、貼り紙発見exclamation×2

「2週間前、このあたりでが出没しました。気を付けてください。」

!!!!!
がく〜(落胆した顔)

ここらへんの山にはblack bear(クロクマ)とgrizzly bear(灰色熊)が住んでおりまして、
Black bearはたいてい人を見ると怖がって逃げていくのですが、
Grizzly bearはもっと獰猛で、人を襲うこともあるのですがく〜(落胆した顔)exclamation×2

今回はそのgrizzly bearが出没したらしいがく〜(落胆した顔)

「ちょいとーーMatrin。
熊でたらどうしよーーふらふら

と都会っ子P-chan。

「そのときは、絶対に目を合わせず、走らず、後退するの。
それでも襲ってきたら、戦うしかないね。」

と田舎っ子Martin。


マジでーーーexclamation×2


「あとは、熊用スプレーがあるよ。」

これはいざというとき熊の顔にスプレーすると、
目が見えなくなるらしい。(ずっとじゃないと思うけど)
その間にすたこら逃げましょう、という代物。

(ある友人にこのスプレーの話をしたら、
「あーー、虫よけみたいに自分にかければ良いわけねー。」
と天然なことを言っていた・・・ふらふら
あんたそれじゃ、自分の目が見えなくなって、熊にやられるでしょexclamation×2


とにかく自然いっぱい、動物いっぱいのNelson(ネルソン)です。


【おまけ】

雨が来る前のネルソン。
雲が近くに感じられます。

cloudy sky in Nelson.JPG


トリップアドバイザー
posted by P-chan at 12:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | Short trip(BC州)−2011−
この記事へのコメント
こんにちは〜♪

うわ〜、出るわ出るわ野生動物のオンパレード(笑)!さすがネルソン。
この話を読んで旦那の実家があるノースバンクーバーを思い出したよ(苦笑)。あそこも地域によっては似たり寄ったりなのよねぇ。
さすがにグリズリーではなくて出てもブラックベアだけど、他はアライグマ対策に外の蓋付きゴミ箱は簡単に解かれないように厳重にロープで塞いだりとか、スカンクを見たらとにかくすぐにその場から離れるとか(スカンクのあのくっさ〜いスプレーの射程範囲が10mもあるのよ…。だからスカンクがしっぽをこちらに向ける前に何としてでも退散しないと非常にまずいのよね。一度臭いがついたら洗濯しても取れないし…)。

クマ対策はMatinの言うとおりだね。決して背中を向けて走らない、目をじっと合わせたまま少しずつ後退する…もしもキャンプなどをする際は、絶対にテントの中に食料を置かず、家がすぐそばにあるなら家の中へ、なければテントから少し離れた木と木の間にロープを渡して、そこに食料の入った袋をぶら下げておく…ということを昔旦那から教わったよ。←半分田舎ッ子(笑)
クマよけのスプレー、これ、かなり至近距離でないと使えないんじゃなかったっけ?ちょっとうろ覚えだけど…。効果がどの程度あるのか気になるね。
Posted by みおぼん at 2011年08月16日 01:53
こんにちは、みおぼん!

スカンクパワーすごいねーー。
洗濯してもとれなんて、
どんだけすごいんだ。

あら、熊の目を見てもいいの?
「絶対に熊の目を見ちゃいけない」と
Martinは言っていたけど、
どっちでもいいのかしらねーー。

どっちにしろ、熊には会いたくないわーー。
Posted by P-chan at 2011年08月16日 02:25
P-chan 今晩は。いろいろな野生動物に遭遇する
なんてさすがはカナダ。でも実際熊に遭遇したら
その大きさにびびってその場に固まってしまうかも。
私の両親の田舎は山梨で子供の頃は狸、猪や鹿が
時々出没したらしいのよ。今もけっこう山奥に
行くとテンやモモンガが住んでいるのよ。さすがに
両親の田舎は都会化が進んで昔ほど野生動物には
お目にかかれないけどね。少し寂しい気もするわ。
私としては人間も野生動物も上手く共存出来ると
いいのにね。子供のころよく訪ねた両親の田舎は
自然が豊かでその自然の中で遊ぶのが大好きだったわ。夏になると蛍が見れて凄く良かったわ。
でも熊は遠慮したいわ。
Posted by ヒーリー尚美 at 2011年08月16日 16:22
こんにちは、尚美さん!

日本もまだ自然が残されてますよね。
都会にいると忘れてしまいますが。

テンやモモンガがいるんですかーー?
知らなかったです。

子供を自然の中で育てることも
大事かなーー、とネルソンいって感じました。

でもやっぱり熊は遠慮したいですけど(笑)
Posted by P-chan at 2011年08月17日 14:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。