P-chanのもうひとつのブログ
「My英語帳」も更新中ひらめき
yondene icon.gif

2011年06月13日

『P-chanの毎日(1)』

カナダに来て早一ヶ月のP-chan。


その間何をしていたかといいますと・・・

まずは、家具探しexclamation×2

独身時代のMartinの家具じゃ、
全然だめだめふらふら


結婚するとライフスタイルも変わるんだから、

それに合わせて家具も変えていただかなきゃね。



基本的にMartinは、

「P-chanが決めていいよーー」

という姿勢なので、楽っ揺れるハート


居心地の良い空間ハートたち(複数ハート)になるように、

少しずつ家具を購入中ですが、

そこで頼りになるのが、


これだexclamation×2

@ Used Victoria.com 

A craigslist: victoria 編


このサイトのシステムは、


 @自分たちの売りたい中古の家具をこのサイトに載せる
      ↓
 Aサイトを見て興味を持った人から、メールあるいは電話がくる
      ↓
 B家に来てもらって見せる
      ↓
 C良ければ売買成立


となります。

(ちなみにこのサイトたちは、他にもいろいろ情報提供してくれるのでGOOD手(チョキ)

P-chan達は、ベッドは新品がいいけど、

机や椅子なんかは、中古で十分。

(ほら、ここって物価高いし


掘り出し物が見つかる可能性あり。

しかも税金だって払う必要なし!

(ほら、12%だから高いし



そこでまずは『ダイニングテーブルとイス6脚』をゲット。

パイン材で、木の色が残る茶色。

木目の感じもよいわーー揺れるハート



窓際におけば、景色リゾートを見ながら食事ができるしexclamation

椅子も6脚あるから、お客さんも呼べるしexclamation×2



それから、

P-chanとMartin用に、

それぞれ『オフィスデスクとオフィスチェア』がなきゃね。



アパートはbedroomが2つあって、

1つ目はもちろん寝室用。

2つ目はP-chanの部屋兼ゲストルーム。


こりゃ、張り切って家具を探さなきゃ。



というわけで、まずは『黒い革張りの大きい椅子』をゲット。

クッションの感じもいいし、

大きいから、この椅子に座ると社長になったみたいだわ――るんるん

(ちなみにこれを売った人たちは、これからパナマに移住するんだってーー。

ほえーー。)



次は机ね。

これがなかなか大変。

ほら、椅子がでかいから、

普通サイズの机じゃだめなのよ。



うーーん・・・ふらふら



毎日毎日ネットで探して、

ついに見つけたわーい(嬉しい顔)exclamation



それは大き目の『コーナーデスク』。


これなら椅子に負けない存在感があるし、

このスペースが素敵。

パソコンやりながら、絵だって書けちゃう。

(書かないけど)



色は明るいベージュ。

これまた窓際に置けば景色リゾートも見えちゃう。


いえーーーいわーい(嬉しい顔)



(ちなみにこれを売ってくれた女の人の旦那さんはアメリカ人で、

あのエルヴィスに会って、話したことがあるんだって!!!

ほえーーー。)



Martin用の机と椅子は

リビングルームの一角に置くので、

小さめの、『白いデスクと黒いチェア』をゲット。



椅子が硬くてちょっとやだったらしいが、

「面倒くさい(!?)」から決めっちゃったMartin。


P-chanだったら絶対にもっと探すがね・・・。



こんな感じで、

徐々に居心地がよくなってきている揺れるハート
P-chanとMartinのアパートです♪

タグ:カナダ生活
posted by P-chan at 14:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | カナダ生活

2011年05月23日

『みゃーーお』

P-chanを「my little cat猫」と呼ぶMartin。


ある日のこと、

P-chanのつたない英語の発音をからかって

にたにた笑ってわーい(嬉しい顔)おりました。



「みゃおおおおおおおおおおお!」


イラっとした猫ちっ(怒った顔)はMartinに襲い掛かりました。

(あ、つまりP-chanです)



猫パーーーーンチexclamation


と思ったら、



ひっかいちゃった・・・がく〜(落胆した顔)

(軽くよ。)



「あああああああああああああああああがく〜(落胆した顔)!」ーM


もーー、大げさね――。



「赤くなっちゃったっexclamation」−M



もーー、肌が白いから目立つのよねーー。

はいはい、ごめんよーー。



「見てこれexclamationこんなにくっきりexclamation×2」−M



と、その後も傷を何度も見せにくるMartin。



もーーー、わかったわよーーふらふら

何がほしいのよ。



「ケーキ食べたい。」−M


あ、やっぱりそうきた?



というわけで、『マーチーズ』へ。



「何にしよっかなーー揺れるハート

とMartin。



レモンタルトがいい揺れるハート

とP-chan。



「えーー?でも前も食べたし―、

今日はなんか違うのがいいな――。」−M



「でもP-chan、ここでいろいろ食べたけど、

レモンタルトが一番おいしいんだってexclamation」−P



「でもでも、やっぱり今日はなんか、このチョコレートの

『オペラスライス』ってやつがいいなーー。」−M



「ええええ?それはいまいちバッド(下向き矢印)だってばーー。」−P



袖をめくりあげて、例のひっかき傷を見せるMartin。



ちっちっ(怒った顔)



当然ながらP-chanの負け。



紅茶と例の「オペラスライス」を持って、

意気揚々と席に座るMartin。



「どれどれーー?」

とケーキをぱくり。



「・・・・」−M



あら、何もコメントはないようだね。



そして、



「P-chan、食べていいよ、これ。」−M



だから言ったじゃーーん。

レモンタルトの方がおいしいって――。



その後、ぐちゃぐちゃ言ってたが、

結局、負けを認めたもうやだ〜(悲しい顔)Martinちゃん。



ふふん、とP-chan。



意気揚々と家に帰ったP-chanでしたが、

その夜、またMartinをひっかいてしまい

(注:アクシデントですexclamation×2

皿洗いをする羽目になったのでした・・もうやだ〜(悲しい顔)



爪はちゃんと切るべし!


肝に銘じるP-chan猫猫でした。
タグ:猫?
posted by P-chan at 09:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | カナダ生活

2011年05月16日

『カルチャーショック?』

オーガニックに敏感なP-chanとMartin夫婦。


特に食べ物は重要exclamation×2

しかし!

拒絶できないものが一つふらふら


それは、

『Kettle Chips』


要はポテトチップスだが、

これがおいしくてやめられない揺れるハート


日本でもこれは高かったけど、

こっちでもやっぱり高い。


近くのスーパーで安い時で

2袋で6ドル(約500円)。


ある日のこと、仕事から帰ってきたMartin。

P-chanがこの『ケトルチップス』を食べてるのを発見。


そして、なぜか笑い始めたわーい(嬉しい顔)exclamation×2


何故って?


それはP-chanがポテトチップスを箸でつまみあげてたから。


でもやりますよねーー、これexclamation&question



手でつかんだら指がよごれるから、

最後に舐めなきゃいけない。

人様の前じゃはしたなくてできないがく〜(落胆した顔)



でも箸を使えば、手も汚れなくて

見た目にもきれいわーい(嬉しい顔)



笑い転げるMartinに、

「これは至って理にかなった行動である」

ことを真剣に力説するP-chan。



「なるほど。確かに」とMartin。



「でもね・・・

やっぱり変だよそれーーーどんっ(衝撃)


うわーーはっはーーーわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)」ーM


これは一種のカルチャーショックかと思われます・・・。
posted by P-chan at 15:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | カナダ生活
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。